newsお知らせ

親というのは

2018.11.20

ハロウィンが終わったと思ったらクリスマス、年末に向けて目まぐるしく時間が過ぎ去っていきますね。
寒さも日を追うごとに厳しくなっていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
今月40代に突入したソフトバンク阪急茨木のウルシハラです。

今日も今日とて2歳の怪獣、我が息子に振り回される日々です。
フリースのブランケットをマントにして走り回る息子を追いかけて、母は毎日走っております(笑)

最近はトミカの救急車がお気に入りで、お風呂以外はずっと離さずいつでも一緒です。
遠くから救急車のサイレンが聞こえようものなら、
「ピーポーピーポーきた!」
「きょうね、ピーポーピーポーきたの」
と一生懸命報告してくれます。かわいすぎて抱きしめてしまいます。
親バカ全開ですが何か?

 
 
息子はパズルも大好きで、10ピース、15ピース、20ピースのパズルを3枚並べて同時に進行していきます。
本来は10ピースのパズルから始めて、段階的に難易度を上げて習得していくものなのですが、もう全部できるようになっています。
「うちの子、天才…?」
…ええ、もう、何をしてもこの状態なんです、親というのは。

こんな息子との優しい時間を毎日の活力にしながら、日々のお仕事を頑張らせていただいています。